Narration BBS

Count: 13603
Welcome to Hardboiled Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Code
上記4桁の数値を入力
Roll a Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.71
2009年05月24日日曜日 10時42分
どうやらこのテーブルの客は帰ったようだ。代わりに雲のジユウザが後片付けをしている。
雲のジユウザ
「こちらのお客様はもうお帰りになったわ。
あれだけ飲んでチップもくれないんだからケチな客よね。」

SP右京は何かに取り憑かれたかのように話を続ける。
こそ泥 SP右京 2009年05月27日水曜日 23時53分
「このナレーターおそるべしやわー。」

丁度、店に酒を運びに来ていた酒屋のポルックが口を挟んできた。
博徒 ポルック   2009年05月29日金曜日 23時11分
「あははは!!
面白いですよね、これ(笑)「要するに誰かの悪口が言いたいのだろう」(笑)」

SP右京は自分の発言に満足していないらしい。
こそ泥 SP右京 2009年05月30日土曜日 22時45分
「やーポルック君。コメントをありがとう。
昔、キンチョールを万引きして、補導されたこそ泥のSP右京だよ。
大喜利ジャパンは、ハイセンスなので、僕は大好きです。
いっしょに盛り上げて参りましょう〜 曾r」

苦い顔をしたデジャヴが過ちを指摘した。
無職 デジャヴ 2009年05月31日日曜日 19時51分
「いや〜このナレーションおもしろですね(笑)
あっ、どうも。好きな女が8人ぐらいいます、デジャヴです。
個人的なことなんですけど、今回お題提供してみたら使ってもらったんですよ。
こういう場合って提供者は投稿しないのが普通ですよね??」

つかはこういう場合は穏やかに話すことにしている。
ヒモ つか 2009年05月31日日曜日 21時58分
「提供しても関係なく投稿するのがうちのスタイルです。
いわばストロングスタイル」

先程の発言は間違いだったらしい。デジャヴはすぐさま訂正した。
無職 デジャヴ 2009年06月02日火曜日 01時14分
「ストロングスタイル(笑)つかさんはスタイル抜群ですね。
うらやましいですわ。
いかんせん自分みたいな脳にハイパーネガティブシステムが搭載されているものには…
この掲示板に書き込む事すら「俺だけまったく返信なかったらどうしよ」とか思いますもん」

ポルックはこの場の空気が読めないようだ。
博徒 ポルック   2009年06月02日火曜日 23時08分
「僕はそのスタイルを利用しようとしてます。
うまくいったことはあまりない・・・
ちなみに僕のスタイルは「グラマラス」です。嘘です。」

意味の無い会話には意味の無い返事が一番だ。
ヒモ つか 2009年06月28日日曜日 21時23分
「最近お題が浮かばないんです・・・。」

デジャヴは人が聞いていようがいまいがお構い無しだ。
無職 デジャヴ 2009年06月29日月曜日 02時01分
「珍しい職業に関するお題とかならかなり種類もありそうですしどうですか?
例えば
・新種の深海魚見つけたのにその反応はないやろ。なんで?
・ホワイトハウスを守る警備員が常に頭の片隅に置いておかなければならない事とは?
・気象衛星アメダスと一日中向きあってる人は・・・
みたいな
う〜ん
対戦シリーズとか
鍋奉行vs電車オタク
は○○の勝ちで
○○○○が決まり手
みたいな
う〜ん、一個も答えがうかばへん
まぁつまり、みんなでお題を提供しようということですよ」

ポルックは話が長いので有名だ。
博徒 ポルック   2009年06月29日月曜日 22時09分
「あくまでも「グラマラス」には皆さんノータッチで行かれるようですねぇ〜(汗)恥ずかしいやらなんやら。」

その時だったか、なんの関係もないさぶという老人が話に加わってきた。
雑誌拾い さぶ 2009年06月29日月曜日 23時49分
「つかさん、いつも管理&出題ホントお疲れ様です。
お題提供出来ればいいんですけど、そっちのセンスは笑っちゃうぐらいホントゼロなんで・・・
でもなんか浮かんだら報告します。
ポルックさん、「グラマラス」の件ですが・・・・・・・・やっぱノータッチで(笑)」

デジャヴは誰も聞いていないのを良い事にこう言った。
無職 デジャヴ 2009年06月30日火曜日 00時37分
「ポルックさん、
「グラマラス」って何の事ですか??
詳しく聞かせて下さい。」

ポルックは話し止める事を恐れていた。
博徒 ポルック   2009年07月04日土曜日 18時07分
「デジャヴさん・・
なんでもないです。忘れてください(笑)」

デジャヴは話が長いので有名だ。
無職 デジャヴ 2009年07月05日日曜日 01時21分
「冗談ですよポルックさん(笑)
もとはと言えば僕がわけのわからん事言っといて返さないからいけないんですから。
本当にポルックさんは少ししか悪くありませんよ。」

今日のポルックはいつもと様子が違った。
博徒 ポルック   2009年07月05日日曜日 14時08分
「少し悪いのかぁ(笑)
もう無理に変な事言うの止めようという教訓になりました。」

ポルックはとにかく良く喋る。
博徒 ポルック   2009年07月05日日曜日 14時13分
「ところでつかさん、お題を投稿する際、
一度にドーンと投稿するのとちまちま分けて投稿する(例えば1週間に1つ)場合では使ってもらえる確率はどちらが高いですか?
なんか今まで「一度にドーン」方式でバカバカ投稿してるともったいない気がしたんで聞いてみました。」

つかは怒りを抑えるのに精一杯だった。
ヒモ つか 2009年07月05日日曜日 17時01分
「提供してもらうお題は
投稿をたくさんしてもらっても
一度だけでも
その中で過去に良く似たものを出来るだけ避けるようにしていただいておりますのと、あとはみんなが考えやすそうなお題を選んでいるつもりです。
でもまあそれでも類似してきますけどね。
ってことで1週間に1度でも全然おっけーです。」

先程の発言は間違いだったらしい。ポルックはすぐさま訂正した。
博徒 ポルック   2009年07月06日月曜日 21時08分
「う〜ん、ちょっと聞きたかったことじゃないですけど
まぁいっか。これからはできるだけ週1で投稿していきたいなと思います。」

Cafe日誌No.72
2009年05月26日火曜日 12時56分
まだ日も高いうちに、見馴れない一人のジェントルマンが店に入ってきた。この辺りでいい噂は聞かない・・・。だいすけサマーは周りを警戒するようにこう言い出した。
無職 だいすけサマー
「あれ?前のとこ、見れなくなったなーって思ってたんですけど、いつのまにかURL変わってたんですね。」
何気ない台詞の中に秘めた凶暴性を感じる。

とにかくここは一旦相手を落ち着かせなければならない。
ヒモ つか 2009年06月28日日曜日 21時23分
「前のHPはなくなりましたね。

ここもちょっとコンテンツいじりますわ。」

Cafe日誌No.74
2009年06月28日日曜日 20時21分
店も賑わいを見せる頃、前に見たことがあるホモが入ってきた。クリスマスとイースターが一緒に来たかのような酒機嫌だ。荒井モノラルは前髪を掻き分けると、偉そうに語り始めた。
無職 荒井モノラル
「お仕事の都合でしばらく参加できません。
年末からまた参加します。
皆さん頑張ってください。」
つかは無言で酒を注いでやった。

気まずい雰囲気を何とか打破しなくては。
ヒモ つか 2009年06月28日日曜日 21時22分
「お疲れ様です。遠洋漁業にでもいかれるんですか?
とにかくまたお待ちしております。」

Cafe日誌No.70
2009年05月24日日曜日 05時47分
朝方、割とよく来るさぶが入ってきた。不幸を絵に描いたようなタイプだ。さぶはいかに老婆というものが素晴らしいかを主張し始めた。
雑誌拾い さぶ
「つかさんすいません、今回何かの手違いで私の名前が「さぶ・」になってますが、これ私なんで、お忙しいとは思いますが点数の修正は結構ですので、ランキングの修正だけでもお願いします。」
今時こういう発言をする人間がいるだろうか?

あたり障りがないようにつかはこう答えた。
ヒモ つか   2009年05月24日日曜日 14時51分
「つぎの更新時に多分カウントされるはずですので確認してください。
していない場合は、連絡してください。」

さぶは本当は牙一族になりたかった。
雑誌拾い さぶ 2009年05月25日月曜日 00時56分
「了解しました。
ありがとうございます。」

Cafe日誌No.69
2009年05月16日土曜日 21時21分
他の客も酔いが回ってきた頃に、この店の常連のなながいつものように入ってきた。この前新聞に載っていた大和撫子だ。ななは一枚一枚時間をかけてゆっくりと妖艶に脱ぎ始めた。
ティッシュ配り なな
「励ましに来たぞ〜 
G◎◎D ЁXЁЙΙЙG|´・ω・)ノ~」
・・・異次元の何かと交信しているに違いない。

つかは相手を怒らせないように冷静に対処した。
ヒモ つか   2009年05月16日土曜日 23時33分
「ありがとう
来週から地獄がはじまります。
なんとかなるかな・・・。」

ななは自分にもっと話させろと苛立った。
ティッシュ配り なな 2009年05月17日日曜日 01時43分
「私のブログに長々と返事を書いたけど・・。

無理しちゃダメよ!」

Cafe日誌No.60
2009年04月05日日曜日 20時17分
店も賑わいを見せる頃、またポルックがやってきた。ポルックはウィンクを店にいた乙女に送り(片目だけのウィンクはできないらしい)、一枚の写真を取り出すと、目に涙をうかべて話しはじめた。
ヒモ ポルック 
「どんどん書いてと言われても、つかさんを超すほどの書き込み量なんでちょっと遠慮したかったり・・といいつつ書いてみたり。」
人と同じようにしていないと不安なのだろう。

猥談好きのさぶが嬉しそうに口説き始めた。
無職 さぶ 2009年04月19日日曜日 00時11分
「あ、ポルックさんが1位になってる・・・・
いいな〜、1位・・・・」

ポルックの言葉は次第に演説に変わる。
ヒモ ポルック   2009年04月19日日曜日 15時36分
「やったぁ!久し振りの1位!!
ああいうのができるから穴埋めはいいものだ。
>>さぶさん
いいでしょ(笑)
でも絶対次のお題で1位はとれないんだよな〜(泣)」

そしてポルックの言葉は次のように続く。
ヒモ ポルック   2009年04月27日月曜日 11時09分
「1位をとったらそこからがスランプ突入だって
決まってんです。ホント。」

さぶはまだ何か物足りない。
雑誌拾い さぶ 2009年05月02日土曜日 23時14分
「よっしゃ!久々の1位ゲット!
今回はもしかしたら・・・って思ってたのですごく嬉しいです!
それじゃあ私もスランプ入りま〜す!」

ポルックが本当に話したかったのは次のような内容だ。
博徒 ポルック   2009年05月03日日曜日 16時51分
「その勢い、こっちにパス!パス!!」

Cafe日誌No.68
2009年05月10日日曜日 01時32分
大分夜も遅くなった頃、この店の常連のなながいつものように入ってきた。店に入る前からななは酔っ払っていたらしく、来てそうそう床に吐いた。ななはプリンスから聞いたという話をしだした。
ティッシュ配り なな
「さま疑、久しぶりに来てたじゃ〜ん。
ぶん爺(CORN)も
いるでしょ?同窓会みたい^^」
何気ない台詞の中に秘めた凶暴性を感じる。

こういう客にはたまには説教も必要かもしれないな。
ヒモ つか   2009年05月10日日曜日 01時55分
「実は今言われるまでそのことをすっかり忘れていたのでした。
相変わらずAOIはKYで何よりでした。」

Cafe日誌No.67
2009年04月26日日曜日 01時54分
大分夜も遅くなった頃、何回かこの店を利用している野郎が入ってきた。一癖もニ癖もありそうな人物だ。つかに顔を近づけると口臭を放ちながら喋り出した。
無職 さぶ
「うわっ、また4位か・・・・・
荒井モノラルさん、わざわざコメントしてくださって嬉しいけど10点しか入ってない・・・・・・(泣)」
つかはひたすら我慢して聞いてあげた。

ここぞとばかりにポルックが問い詰める。
ヒモ ポルック   2009年04月27日月曜日 11時06分
「4位だって、いいほうじゃないか!!
7位の俺はどうすればいいんだ!!
悪魔将軍さんには悪いけど、
「一年遅刻」より「眼鏡の反射が〜」のほうが絶対面白いと思う…
くそ――っ!!」

さぶの兄者はひょっとして?!
雑誌拾い さぶ 2009年04月27日月曜日 20時31分
「まあまあ、ついこの前1位取ったからいいじゃないですか(笑)
「眼鏡の反射が〜」ネタ、私は面白かったですよ。
10点入れましたし。」

丁度荒井モノラルから電報が届いたところだった。内容は以下の通りだ。
無職 荒井モノラル 2009年05月06日水曜日 21時56分
「こんにちは。
採点むつかしいですよね。
毎回インスピレーションで採点つけてます。
1位ですか。わたしも取りたいですねー。ネット大喜利系で1回も取ったことないです。次もがんばります。」

Cafe日誌No.66
2009年04月20日月曜日 13時04分
遅い昼飯でも食べに来たのか、見馴れない一人のガキが店に入ってきた。ガキはチャック全開に気づいている様子もない。ぬりえもんは辺りかまわず罵った。
無職 ぬりえもん
「はじめまして。

兵庫県在住の大学生です。
大喜利で検索してここにたどり着きました。

今回から時間の許す限り、参加させていただこうと思っております。
生暖かく見守っていただければうれしいです。

よろしくお願いします。」
この台詞を最後にしてこのガキは旅立った・・・・・。

Cafe日誌No.65
2009年04月19日日曜日 17時50分
店も賑わいを見せる頃、何回かこの店を利用しているプリンスが入ってきた。こういう人間を見ると、自分が恵まれていると再認識させられる。さぶは四つん這いになり、自分をぶってくれと懇願した。
無職 さぶ
「改めまして、さぶと申します。
島根在住。
工場で鬼のようにひたすらあれをちぎったりあれを回しまくったりしてます。
年齢はあえて秘密にしてます。

以前はYahoo掲示板のお笑いカテにいたんですが、すっかり寂れてしまいまして、「大喜利」でググってここを見つけました。
ここは参加人数も多いですし、投票制で公平な採点が出来そうだなと思いまして居座らせてもらってます。

まだまだ笑いに関しては無知で幅が狭いもやしっこですが、よろしくお願いしま〜す。」
この話を信じるなという方が無理だ。

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]

Narration BBS Ver 4.0
MISSING LINK