Narration BBS

Count: 13649
Welcome to Hardboiled Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Code
上記4桁の数値を入力
Roll a Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.117
2010年01月09日土曜日 22時24分
他の客も酔いが回ってきた頃に、この店の常連のコビジョーンズがいつものように入ってきた。一度見たら決して忘れる事が出来ない強烈な風貌だ。つかしか話し相手がいないのか真っ先にこちらへやって来た。
スリ コビジョーンズ
「うわっふ。投稿し損ねちゃいました(笑)
ああ…5つも。」
股間を掻くのだけはやめてもらいたいものだ。

つかはその時、かつての恩師の言葉を思い出した・・・・。
ヒモ デジャヴ 2010年01月09日土曜日 22時32分
「わ・た・し・も❤
みんなでつかさんの忙しさをお題提供でバックアップしましょう!」

本当はこの客と会話する事に辟易していたが仕方が無い。
売人 つか 2010年01月10日日曜日 13時47分
「すんまそん
今日の仕事が5時起きでw

とりあえず疲れましたw」

先程の発言は間違いだったらしい。デジャヴはすぐさま訂正した。
ヒモ デジャヴ 2010年01月10日日曜日 20時57分
「お疲れでやんす❤
つかさんかなり大変な仕事ですもんね…
職種は言えないですけどw
うっしっしーw」

Cafe日誌No.116
2009年12月26日土曜日 20時41分
ここでつかから読者諸氏に少しばかり面白い話をお聞かせしたいと思う。
売人 つか
「今年もありがとうございました。
皆様良いお年を」

恋人と来ていたデジャヴが相手の腰に手を回しながらのろけ話を始める。
ヒモ デジャヴ 2009年12月27日日曜日 00時16分
「いつもご苦労様です!
今年もお世話になりました。
おかげで楽しい時間を過ごさせてもらいました♪
また来年もよろしくお願いします。
良いお年を〜」

次に発言をしたのはその手下のコビジョーンズだ。
スリ コビジョーンズ 2009年12月27日日曜日 11時21分
「1年間ありがとうございました。
大喜利ジャパンと出合えたことが今年最大の収穫でした♪
来年もよろしくお願いします。」

床にコインを落としたSP右京が先程からしきりに管を巻いている。
キャッチセールス SP右京 2009年12月31日木曜日 14時00分
「つかさま・大喜利JAPONの素敵な皆さま、よきお正月を〜
一年間ありがとうございました〜またよろしくお願いいたします。」

その時一人の未成年が重い口を開いた。皆が注目する中、ポルックは次のように述べた。
バーテンダー ポルック   2010年01月01日金曜日 01時03分
「明けましておめでとうございます。
本年もクルックーとお願いします。」

Cafe日誌No.115
2009年12月11日金曜日 23時42分
他の客も酔いが回ってきた頃に、またポルックがやってきた。ポルックというふざけた名前の巨漢だ。額、首筋、わきの下を一通りハンカチで拭くと、唾を飛ばしながらこう言った。
バーテンダー ポルック 
「なんか、お題投稿しようと思ったら
「指定した文字列に該当〜〜〜」
って出てきて、たぶん送信できてないんですけど・・・
なんでしょう、あれ。」
口を開けば愚痴しか言わない。

一人で寂しそうだったので仕方なく相手してやった。
売人 つか 2009年12月12日土曜日 10時31分
「なにか卑猥な言葉にひっかかったとか?
意図していない言葉でも連続で続いた結果がその言葉になっていたとか??
ちょっとわかりません・・・」

ポルックが本当に話したかったのは次のような内容だ。
バーテンダー ポルック   2009年12月13日日曜日 21時38分
「とりあえず言葉を変えたら行きました。すいません。」

Cafe日誌No.111
2009年11月15日日曜日 00時46分
大分夜も遅くなった頃、またデジャヴがやってきた。デジャヴは誰かを探しているらしく、デジャヴは辺りかまわず罵った。
キャッチセールス デジャヴ
「低い位置で安定してるデジャヴよりコビさんみたいなん見習いよし!あの人お笑いモンスターやよ!スドーン」
この時のこのデジャヴの台詞が果たしてどんな意味を持っていたのか・・・。そのときのつかには予想すらできなかった。

その時だ。今まで一言も喋らなかったコビジョーンズが口を開いた。
雑誌拾い コビジョーンズ 2009年11月15日日曜日 08時10分
「ふふふ…じゃあね、ルパン♪

…じゃなくって。デジャさんの場合5点ボーナス入ってない
幻の1〜3位がかなりあるんじゃないすか(笑)?
まだまだ目標にしまっせ。ズドーン」

デジャヴは少し考えてから話を続けた。
キャッチセールス デジャヴ 2009年11月17日火曜日 03時45分
「くぅぅぅぅ!!!不二子の尻やと思って追っかけるか♪

ってかデジャヴが投票しててもあんまり変わってないですよ、大概好きなボケが上にきてますしね〜
コビさんもいるしtakarada★さんも復活してるみたいやしつかさんの追撃もあるしいろんな新しい人も増えてきてるし…あと〜誰やったかな、ポン、ポン、ポル、ポ。。。の人もいるし!!
ますます頑張らねばですわ〜。ズドーン」

ポルックが現れた。場の雰囲気が一瞬にして凍りつく・・・・。
金貸し ポルック   2009年11月17日火曜日 17時45分
「ポン、ポン、ポル、ポ。。。の人って、誰だろう・・・
全然想像がつかない・・・


なんちて、僕なんかデジャヴさんに完敗じゃないッスかwww
こっちが目標にしますよセンパイ!ズドーン」

デジャヴは語る事を止めない。
キャッチセールス デジャヴ 2009年11月20日金曜日 03時48分
「誰かと思えばポルちゃんじゃないのw
こちとら最近寿司のお題で負けたばっかりやどな〜

15の夜にネット大喜利してるってだけで怖い存在やでコウハイ!ズドーン」

またポルックが喋り出した。話を長くするだけだ。
金貸し ポルック 2009年11月20日金曜日 22時35分
「僕のペースって、
スランプ――――――――→1位!!スランプ――――――――――→4位スランプ―――・・・って感じなんで、安定感のあるデジャヴさんが羨ましいっすw 安定感欲しい〜。ズドーン」

デジャヴは本当は牙一族になりたかった。
キャッチセールス デジャヴ 2009年11月24日火曜日 02時33分
「低い位置で安定してるデジャヴよりコビさんみたいなん見習いよし!あの人お笑いモンスターやよ!スドーン」

続いてコビジョーンズは次のように主張した。
雑誌拾い コビジョーンズ 2009年11月25日水曜日 00時28分
「出たーデジャさん必殺のハードル上げ!
これ、ボディにじわじわ効くんだよなw
私が交流戦で惨敗したのを忘れてませんか?ズドドーン!

>ポルさん
あの石川遼だって15歳の時は1勝しかしてないのだから。あなたこそ十分モンスターですよ。
期待してまっせ〜大喜利王子♪」

ポルックのお喋りを止める事は出来ない。
金貸し ポルック   2009年11月25日水曜日 18時41分
「コビさん、あなたもハードル上げしてるって気付いてます?

石川遼君とポン、ポン、ポ。。。を比べたら遼くんに失礼ですよ!
期待しないでくださいw フトーン」

デジャヴは何かに取り憑かれたかのように話を続ける。
キャッチセールス デジャヴ 2009年11月28日土曜日 14時42分
「フ、フトーン?」

ポルックの御託はまだまだ続く。
金貸し ポルック   2009年11月29日日曜日 15時27分
「ウドーン」

デジャヴは何かに取り憑かれたかのように話を続ける。
キャッチセールス デジャヴ 2009年11月30日月曜日 02時37分
「うどんのびてんで」

Cafe日誌No.114
2009年11月29日日曜日 23時52分
他の客も酔いが回ってきた頃に、前に見たことがある男性が入ってきた。笑顔が怪し過ぎる。ジェネラルは前髪を掻き分けると、偉そうに語り始めた。
無職 ジェネラル
「つかさーん!
第5試合のボケ投稿お願いしまーす!」
多分自分でも何を言っているのか分からないのだろう。

Cafe日誌No.112
2009年11月18日水曜日 19時11分
店も賑わいを見せる頃、またポルックがやってきた。腹にナイフが突き刺さっている・・。ポルックは最近好きだというアイドルの話を始めた。
金貸し ポルック 
「マット・マラー.net閉鎖しますよ。
更新めn以下略!!

でもって、新サイト開設するっぽいです。
→ブログに落ち着きました。

URL先にそのブログ有。」
はい、お疲れさん。

Cafe日誌No.110
2009年11月10日火曜日 23時25分
他の客も酔いが回ってきた頃に、前に見たことがあるオヤジが入ってきた。見ているこちらが辟易するくらいの派手な衣装だ。今の仕事が気に入っているらしくこんな話をはじめた。
無職 ジェネラル 
「つかさん、こんばんはー。

もしかして大喜利プロ野球のルールを読まれてないかもと思いまして
馳せ参じました。
当企画では全員に採点を協力して貰っています。
もし明日(11日)のお昼頃までに採点が間に合うようでしたら
採点して頂けると助かります。
お忙しい所恐縮ですが宜しくお願いします。」
自虐的ジョークがお得意のようだ。

つかは相手を怒らせないように冷静に対処した。
売人 つか 2009年11月11日水曜日 18時28分
「あー今気づきました><
すいません〜〜〜」

Cafe日誌No.107
2009年11月01日日曜日 01時18分
大分夜も遅くなった頃、またデジャヴがやってきた。今夜は最悪の気分だ。デジャヴはつかを見つけると嬉しそうに近づいてきた。
キャッチセールス デジャヴ 
「僕の参加させてもらっている大喜利プロ野球っていう企画で1人欠員募集してます〜プロ野球なんで助っ人の募集って感じですかね
詳しくはリンク見てもらったらわかると思うんですけど11/1の23時が参加の締切なんでよかったらどなたか参加して下さい〜
大事なスペース使わしてもらってすみません〜」
この後、デジャヴは出入り禁止にさせてもらった。

そこに悪魔のような坊主、ジェネラルが乱入してきた。
無職 ジェネラル 2009年11月04日水曜日 11時57分
「デジャヴさんが声をかけて頂いてたんですね!
ありがとうございました!

つかさん、ご挨拶遅れました。ジェネラルです。
この度はご参加頂きましてありがとうございました!
こちらでも遊ばさせて下さいね。
よろしくお願いします。

デジャヴさん出入り禁止てww僕のせいですねww」

一息入れた後デジャヴはまた語り始めた。
キャッチセールス デジャヴ 2009年11月06日金曜日 01時26分
「ほんまですよ、ジェネさんww
出入り禁止って言われたらもうなんも言えへんわw
今年の冬はジェネラル旋風に期待しとこ〜♪」

明らかに他の客の迷惑になりそうだったので、つかはこう言った。
売人 つか 2009年11月08日日曜日 07時32分
「どうも〜。
色々とフリーダムなサイトですので、管理人も適当ですが
仲良くしてくださいね^^」

Cafe日誌No.109
2009年11月07日土曜日 22時23分
他の客も酔いが回ってきた頃に、見馴れない一人のプリンスが店に入ってきた。誰も近寄れないオーラを発しながら、ああは待ち合わせで先に来ていたと思われる箱入り娘の隣の席に座った。
無職 ああ 10
「あああ」
で?

Cafe日誌No.106
2009年10月25日日曜日 01時11分
大分夜も遅くなった頃、この店の常連のデジャヴがいつものように入ってきた。愛玩のバービー人形を片時も離さない。デジャヴはあふれる涙を拭こうともせず、ただこう言ったのである・・・・。
こそ泥 デジャヴ 5
「最近さぶさんみないっすね(>_<)」
周りの人間は誰もデジャヴの言葉を聞いていなかった。

通行人Aが話に参加してきた。
雑誌拾い コビジョーンズ 2009年10月26日月曜日 23時11分
「そうなんですよね…気になってました。
新しい実力者の方も増えたりして
最近けっこう盛り上がってるのに
さぶさんがいないのは寂しいっす(泣)」

そのとき、ラジオから聞こえてくるオールディーズはこういう歌詞の唄を歌っていた。
売人 ポルック   2009年10月28日水曜日 17時54分
「僕も思ってました。
あの楽しい方がいないとなんかリズムが狂いますね・・・」

デジャヴは「ああ、そうそう」と言って話を続ける。
こそ泥 デジャヴ 2009年10月31日土曜日 23時00分
「やっぱりみんな思ってましたか(泣)
最後の掲示板のレスからもせわしなさを感じますし…忙しいのかなー
さぶさん寂しいよ(>_<)」

突如さぶの兄という野郎が得意げにスピーチを始める。だが悲しいほどに浮いていた。
無職 さぶの兄 2009年11月01日日曜日 01時46分
「みなさん、さぶを愛していただきありがとうございます。
さぶは10月6日、自らの意思で他界しました。
死の数時間前まで、ここのサイトを覗いていたみたいです。
今までの温かいお付き合いを、本当にありがとうございました。」

一息入れた後デジャヴはまた語り始めた。
キャッチセールス デジャヴ   2009年11月01日日曜日 02時49分
「信じたくないですけど…本当なんですよね…
さぶさんはとにかく楽しくて、面白くて、優しくて、いい人で、自分の中でライバルだと思っていました。
このサイトを使ってるみんながさぶさんの事が大好きで、投稿を楽しみにしていたと思います。
ご家族の方も辛い思いをされていると思いますが、そんな中わざわざご報告まで来ていただいてありがとうございます。
心よりご冥福をお祈りいたします。
ご迷惑でなければ一度お墓参りにお伺いしたいです。」

本当はこの客と会話する事に辟易していたが仕方が無い。
売人 つか 2009年11月01日日曜日 05時27分
「突然の訃報を聞き頭が真っ白になりました。
言葉が出ない状態をお許しください。
残念で仕方ありません。
御冥福をお祈りいたします。」

コビジョーンズは話が長いので有名だ。
雑誌拾い コビジョーンズ 2009年11月01日日曜日 09時06分
「何と申し上げて良いか…こんなに悲しいことはありません。
さぶさんとは知り合って間もなかったですし、お会いしたことこそありませんが、
私にとってかけがえのない、大切な友達であり、仲間でした。
その思いは今も、そして今後も変わることはありません。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。」

ポルックはそれを踏まえて次のように捲し立てた。
金貸し ポルック 5   2009年11月01日日曜日 14時20分
「マジですか・・・嘘じゃないんですか・・・
またいつものように明るく、ここに顔を出してくれると、当たり前のように思っていました。
さぶさんはとても仲良くしてくれて、柔らかくて良い人でした。
さぶさんの書き込みにはいつも笑顔をもらっていました。
心よりご冥福をお祈り致します。」

しばらく傍観していたミルクホールが誰にも聞こえないようこう呟いた。
無職 ミルクホール 2009年11月03日火曜日 22時28分
「書き込み失礼します。急なことで驚きました。
全てさぶさんの冗談であってくれれば・・・と思います。
ご冥福をお祈りいたします。



>デジャヴさん
お知らせくださってありがとうございました。」

さぶの兄はこの会話が気に入っているようだ。
無職 さぶの兄 2009年11月04日水曜日 00時09分
「弟との今までのお付き合いと心温まるメッセージ、
ありがとうございます。
みなさま方が、いつまでも御幸せでありますように・・・」

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]

Narration BBS Ver 4.0
MISSING LINK